6月 21, 2024

SEOとWebの情報発信基地

SEOを中心に、サイト運営や検索エンジン、Webマーケティング、Webデザインなどウェブにまつわる有益な情報を発信しています。

サイテーションの理解とそのSEOへの影響

サイテーションの理解とそのSEOへの影響

SEOとMEO(Map Engine Optimization)の世界で重要性が高まっている概念であるサイテーション(citation)とは、「言及、引用、例証」といった意味の言葉です。自サイトの「社名」「ブランド(店舗)名」「サービス名」「住所」「電話番号」といった特定の固有情報やその関連情報が、インターネット上で記載(言及)されている状態を指します。あくまで文字情報としてそのビジネスが言及されている状態であり、リンクを伴う必要はありません。

サイテーションと被リンク(外部リンク)は異なるものです。サイテーションはそのブランドや店舗、ビジネスに関する文言が記載されているコンテンツであり、被リンクされているものとはまったく別の扱いとなります。SEOにおいて外部リンクとは、他サイトからリンク(<a>タグ)でURLが参照されていることを意味します。被リンクを受けているコンテンツは、第三者からも評価されている質の高いコンテンツであると検索エンジンに認識され、SEOのアルゴリズムでも評価の大きな要因を占めています。

重要性としては、特にローカルSEO/MEOにおいてランキング要因として影響があります。Googleは、ローカル検索結果のランキングを改善する方法の一つに「視認性の高さ」を明言しています。ビジネスがどれくらい広く知られているか、知名度が高いことは検索評価において一つの要因となります。

サイテーションの対策には、大きく2つのタイプがあります。一つ目は、ブランドや店舗に関してポジティブに言及されたコンテンツを獲得することです。特に口コミサイトやSNSを活用して、そこで多くの情報発信をしてもらえるような環境を作ると良いでしょう。二つ目は、ブランドや店舗のNAP情報を元にした登録情報を獲得することです。自分のビジネスに関する業種カテゴリのまとめサイトや店舗検索サイトなど、サードパーティのディレクトリ登録サイトに正しく自店舗の店舗情報を公開、管理しましょう。

サイテーション評価を獲得する具体的な方法としては、Googleビジネスプロフィールに登録する、NAP情報を統一する、構造化データを自サイトに追加する、サードパーティサイトに登録する、ポジティブな口コミを獲得するなどがあります。これらの方法は、検索エンジンから好意的な評価が得やすくなると考えられます。

注意点としては、NAP情報の一貫性を保つことが重要になります。ビジネス名や住所、電話番号などの固有情報が関連付けられるように、NAP情報を各媒体で統一しておくことがとても重要です。また、サイテーション情報を正確に関連付けることで、検索視認性が向上し、結果的にSEOの評価につながります。

サイテーションは、広く知られているビジネスやブランドの情報が正しく登録されていれば、検索エンジンはそれらを同一の店舗・ブランドの情報と見なし、視認性の高さ(知名度や人気度)の評価につながります。対策はローカルSEOの評価を高める上でとても重要な施策です。