10月 26, 2021

SEOとWebの情報発信基地

SEOを中心に、サイト運営や検索エンジン、Webマーケティング、Webデザインなどウェブにまつわる有益な情報を発信しています。

SEO対策のやり方

SEO対策は自分でする? 事業者に任せる?
重要なのは、 SEO対策をどうやって実施するかということだ。 SEO対策は自身
のウェブ・サイトを直接操作することで効果を得ることができるもの。それゆえ自分自身でSEO対策について研究し、施策を実行することも何ら不可能ではない。

しかし、あなたがSEO対策の知識や経験をそれなりに持っているというのなら話は別だが、ほとんどの人はSEO対策に関して全くの素人であるはずだ。 しかも今や多くのSEO対策業者が存在しており、素人のちょっとした知識でいくら 頑張っても、プロに勝つのは難しいという状況にもなってきている。

SEO対策の研究・ 施策にかける時間や人材がないというのであれば、専門の事業者に任せた方が確実だといえるだろう。SEO対策は今や タダでもなければ簡単でもない。

そのことを念頭に置き、手元のリソースをよく考慮した上で、 SEO対策を自身で実行するのか、事業者に依頼するのかを考えて欲しい。 WEB担当者に「じゃ、ちょっとSEO対策やっといて」と気軽に声をかけたらどうにかなるというものでは決してない、ということは覚えておくべきだ。

現在のSEO対策

現在ではヤフー ・ジャパンやグーグルがテレビに普通に登場する日常的な存在となり、 PC だけでなく携帯電話なども用いて誰しもが情報を検索するようになっている。 そうした現状を見ると、たった十数年の聞に大きな環境の変化が起きたことを改め て実感させられる。

SEO対策についても同じことが言えるだろう。当初は言葉すら理解されなかった存在だったが、検索サービスの普及とともに飛躍的な発展を遂げ、現在ではインターネッ トビジネスにおいて欠かすことのできない存在となっている。 SEO対策という言葉の広まりを実感する一方で、それが広く知られたことによっ て、その過程において多くの誤解や勘違いが生まれてしまったというのは、残念なです。

現在のようにSEO対策が注目を集める以前、ウェブ・サイトを開設する人がそれほど 多くなかったころは、確かに個人でちょっとした改良を加えることで、検索結果の上 位にすぐ掲載され、大きな成果を得ることができたかもしれない。 だが現在は違う。ブログをはじめとしたCMSの普及によって誰でもウェブ・サイトを持つことができるようになり、その数は飛躍的に増加している。

しかもSEO に多くの人が関心を持ち、検索エンジンに向けた対策をするようになったことで、上位 掲載もそうたやすいことではなくなってしまった。

SEO対策の基本的な対策については、過去と現在を比べてもそう大きく変化している訳ではない。だが多くの人が同じことをするようになれば、努力しても差がつかなく なるのは当然のことだろう。

SEO対策の実施

検索エンジン及びSEO対策の基本的な仕組みと、 P C、携帯電話それぞれの対策の理屈が分かっていたとしても、 SEO対策を実施して最終的な成果へと結びつけるというのは、そう簡単にいくものではない。 そこでここでは、 SEO対策を実施するには何をどうすればよいかという具体的な方策について説明する。自身で対策をする場合と、事業者に依頼する場合とに分けます。
多くのSEO対策に関する本や情報を見ると、 SEO対策で重要とされるのは、いかに検索順位の上位に表示するかというのと、それを実現するにはどんなことをするか、とい う2点だといえる。
SEO対策という言葉がそれを示しているのだし、検索結果の順位を上げることが重要なのは紛れもない事実なのだから、正論である。だがSEO対策をする上で、もっと重要なことがある。何のためにSEO対策をするのかということだ。 SEO対策をして検索順がアップし、「あなたのウェブ・サイトがこの順位になりまし た」と言われた。それで満足なのだろうか。無論「何でもいいから順位を上げた い」「誰でもいいからとにかく自分のウェブ・サイトを見て欲しい」というのであればそれでいいのかもしれないが、そんな人は実際にどれだけいるのだろうか? ウエブ・サイトへのアクセスが増えるということは、それだけサーバーの負荷が高くなり、あなたのウェブ・サイトをダウンさせる要因にもなる。あえて極端なことを言うなら、不要なアクセスがただやみくもに増えるというのは、サイバーテロを食らっているに等しい状況ともいえるのだ。 SEO対策において重要なことは、順序を上げることでも、アクセスを増やすことでもない。自身が求める成果を得ることこそが、最も重要なはずである。 ECサイトならターゲットの商品を購入してくれる人のアクセスを集め、それによって商品を購入してくれる人が増える、というのを求めてSEO対策をするはずだ。この場合、運営者にとって商品を購入しない人によるアクセスは無用の長物だし、それによってアクセスが過多になれば、本来商品が欲しい人に商品がいきわたらなくなり、 不満が爆発して顧客満足度を大きく落とすことにもつながってしまうだろう。 このような事態を避けるためにも、 SEO対策を実施する前にまず、 SEO対策の目的と成果をはっきりさせておく必要がある。 SEO対策をウェブ・サイトのプロモーションに用いたいのか、商品販売に結びつけたいのか。短期的な効果を得たいのか、 長期的に継続していきたいのか。 こうした要素によって対策すべき内容も大きく変化してくるので、まずはSEO対策をすることで最終的に何をしたいのかを、はっきりさせておくべきである。そうでないとSEO対策でいくら検索結果の順位を上げたとしても、成果に結びつかずただただ無駄 なお金を支払うことになってしまうだろう。

SEOで成功するタイトル

SEO対策で成功するタイトルは興昧を引くタイトルがいいです。注目度が高いブログのタイトルで良く見られるものとしては、晩御飯のメニューに困らなくなる方法のように、自分の知識を増やしてくれそうなテクニックやノウハウを紹介しているようなタイ トル や、「晴れた日に洗濯をするのは間違い」といった、 一般的な常識をあえて否定するような刺激的なタイトルなどが挙げられます。 日記的なブログの場合「道を聞かれた外国人に教えられた日本人の良さ」のように、いったい何があったのだろう、と興味を惹かれるようなタイトルも面白いでしょう。
様々なメディアから効果的なコピーを学ぶ
商品の広告やカタログ、様々なジャンルの雑誌と書籍、新聞、テレビなど、私たちは多くのメディアと身近に接しながら生活しています。 こうしたメディアは、消費者の興味をかきたてるキャッチコピーの宝庫で、ブログのタイトルを考えるうえでこれほど参考になるものはありません。新書のタイ トル、広告やポスタ ーのキャッチフレーズ、 CMのセリフなど、各種メディアのコピーには日頃からアンテナを伸ばしておき、おっ !?と思うフレ ーズに出会ったらメモを取るようにしてみましょう。そのデータを蓄積しておくと、効果的なタイ トルの考案に大いに役立ちます。また、そうした洗練された言葉に積極的に触れることで、読者の興味を引くコピーライティングのセンスや、「消費者心理をくすぐるポイン卜を見抜く勘」とも 言うべき感覚も磨けます。毎日のちょっとした積み重ねで、プロガーとしての能力を大きく高めることができるのです。

格安でSEO対策するには

格安でSEOをするにはブログが一番いいです。読んでもらえるブログを作って他のブログからのリンクを集めます。ブログは無料で開設できるものもありますので格安でSEOをはじめるならおすすめです。ブログのSEO対策でもタイトルは重要です。自分のプログをたくさんの人に読んでもらうためには、興味深い内容の記事を書 くこ とはもちろん重要です。 しかしそ れと同時に「それぞれの記事に、どんなタイ トル をつけるかということがポイン トに なってきます。一般のホ ームページにおいても、SEO対策でもタイトルが重要なのですが、ことブログに関 して は、各記事のタイ トルがそれ以上に重要なのです。 ブログ記事のタイ トルは 、その記事のページタイトル (HTML のタイ トルタグで固まれたもの)や、 hl やh2 タグで表現される見出しとして 利用されます。これらの見出しタグで固まれた箇所は、そのページの内容に深く関係するキーワードを含む場所と して 、SEOでは非常に重要視します。 したがって、タイトルはその記事の内容に関係するキーワード をきちんと含むものに したほうが良いのです。

記事のタイトルが重要な理由としてもう lつ挙げられるのは、ブログが一般的なページと比較して、そのタイトル次第で「アクセスするか、しないか」訪問者の取捨選択が行われる機会が非常に多くなっている ことがあります。
ブログ記事のタイトルはSEOの結果のみならず、「タイトルがずらりと並んだ中から記事が選ばれる」ことが多いのです。 特にRSSリー ダーを活用している人は、大量の情報から「気になった情報だけをチェックしよう」と考えている人が多く、そのためタイ トルの一覧を流 し読みしてその中から気になったものだけをピックアップして読むケースが多いのです。そのためどんなに内容がよくても、そのタイトルがそっけなかったり、注意を引きにくいものであったら、アクセスしてもらうのは難しくなります 。

では、ブログの記事にはどういうタイトルをつければいいのでしょうか。端的に言えば「わかりやすいフレーズ」で、「 内容を読んでみたい なと思わせるものであればOKです。

逆によくないパターンとしては、「僕の感想、」とか「昨日の出来事」といった、漠然としていてタイトルだけ読んでも容が想像できないものです。そのブログを定点観測的に読み続けている読者には良いかも知 れませんが、前述したRSS リーダーやソーシャルブックマークを利用するユーザーが、数多くあるブログの中で突然そんなタイトルを読んだとしても、中身を読んでみようとは思わないでしょう 。具体的には、記事の内容をきちんと表すようにタイ トルをつけるのが 基本です。 SEO的な観点からしても、内容に関係するキーワードをタイトルに含めるのは重要なことです。またそれだけではなく、人が読んでも「中身が読みたしりと思わせる必要があるのです。 RSS リーダーやブログ専用の検索サイトを参考にして、良いタイトル ・良くないタイトルを自分なりに検証してみるといいでしょう。