10月 5, 2022

SEOとWebの情報発信基地

SEOを中心に、サイト運営や検索エンジン、Webマーケティング、Webデザインなどウェブにまつわる有益な情報を発信しています。

成果物の品質認識ズレが一番対処が難しい

当初の詳細スケジュールと現実の進捗にズレが生じてきた場合の対処には、制作者サイドだけで対処可能のものから、発注者側をも巻き込まないと対処できないものまでいろいろです。成果物などの品質に関わることは表面化しづらいこともあり、対策決定が難しい場合もあり、発注者側と話し合いになるケースも考えられます。制作者サイドで、要件定義との要求品質間のズレであれば発注者によく説明したうえでとなる場合もあるでしょう。この時に大事なのが、回答している人の立場。発注者側のオーナーなどの回答ともなれば覆すことは難しいため、内部で極力影響を最小限に留められるような対処法を検討したうえで協議に臨む必要があるかもしれません。